健康でしなやかな女性らしいカラダをつくる

bi-tore.com

トレーナー・インストラクターさん向け

パーソナルセッションやグループレッスンにいちばん必要なスキル

更新日:

お話をするのが得意ですか?

おしゃべりをするのが好きですか?

お仕事中に、説明を分かりやすくするのは得意ですか?

話をする能力・スキルというのは、どんな仕事においても

とても大切な要素です。

パーソナルセッションやグループレッスンにいちばん必要なスキルは、

言葉にする、話をする力です。

最近はほんと、断言しちゃってます。

「話をするのが苦手で…」

と感じている人は、世の中には結構たくさんいると思います。

自分の中で考えるのは好きなのだけど

それを外に向かってアウトプットするのが苦手

という方

そんな方にはぜひ、この本を読んでもらいたいです。

言葉にできるは武器になる

を書いた、梅田悟司さんの子供向けの本です。

言葉につまってしまう人を

どうやって自分の気持ちを素直に表現してもらうか?

をとても分かりやすく説明してくれている本です。

ちょうどお話ができるようになる

4、5歳くらいの子供とかでもいいだろうなと思います。

こういう本で、ワークをするのもいいけれど

 

もうちょっと小さい頃から

大人がもっとお話をよーーーーく聞いてあげることも

同じくらい必要なんだろうなぁとも思います。

 

大人の都合で、子供の感情を無下に扱ってしまう事も多い。

話を聞いてくれなくなると、

子供はそのうち自分の意見を言わなくなります。

 

学校に入ると、先生から児童・生徒に

一方的に教えるという教育がほとんどな日本は、

授業中は静かにするもの、意見は言わないもの

意見があるときは先生に指されて答えるものと思っているんです。

 

完全に受け身。

 

受け身では、言葉にする力は育たない。

結果、コミュニケーション能力も上がらないのですよね。

 

こうした日本の教育から、就職するといきなり

色々なことを

「分かりやすく説明してください!」とアウトプット。

お仕事で初めてやらなければならなくなることがいっぱい。

 

これはなかなか無理がある話。

新卒の若い人たちがすぐ仕事を嫌になってしまうのも

ちょっとわかる気がします。

 

さらに、体育会系、運動部に入っていた人達が

インストラクター・トレーナーを目指す人には多いので

こうした傾向が余計に目立っています。

ま、しっかりしているんだけどね。受け身なのですよ。

 

インストラクター・トレーナーに大切なのは

コミュニケーション能力と、プレゼンテーション能力です。

どちらも、日本の教育では培うことができないもの。

 

こうした中で養成講座をやっていて、

このスキルが上がったら、いくらでもセッションできるようになるし

自由に働きたいようにできるだろうな〜って思う事も多々。

皆さんになるべく簡単に磨いてもらえうよう

コツを教えたりしています。

 

かくいう私も、

昔はコミュニケーションが苦手だなぁと思っていた時がありました。

だいぶ小さい時ですが。小学校くらいまでね。

これでも小さい頃は、人見知りもあったんですよ。笑

 

それが今では、一日中口が動いているくらい

おしゃべりするし、仕事中もずっと話をしているようになりました。

人前で話すのも全然苦にならなくなりました。

100名以上聴講がいたって、全然平気です。

このお仕事のおかげで慣れました。

人は変われるものです。

 

どうやって変われるか、そしてどのくらいの期間で変われるかは

努力の仕方をしっかり知って、きちんと行動をすることから。

 

この本を読んで、

人のコミュニケーション能力や言葉にする力に

ますます興味が湧きました。

 

私も養成生のために、勉強ですね。

 

また書きます。

 

\美トレ・インストラクター養成講座について/

次の養成講座は、10月スタートを予定しています。

1DAYセミナーや個別相談会も8月に企画していますので、

ご興味ある方は、まずは無料メール講座を受講くださいね!

→ 無料メール講座

-トレーナー・インストラクターさん向け

Copyright© bi-tore.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.